PR

地方 地方

小6刺殺、懲役13年確定へ 受験勉強指導の父親

最高裁判所=東京都千代田区(伴龍二撮影)
最高裁判所=東京都千代田区(伴龍二撮影)

 最高裁第1小法廷(小池裕裁判長)は、名古屋市のマンションで平成28年、中学受験の勉強を指導していた小学6年の長男を刺殺したとして、殺人罪に問われた無職、佐竹憲吾被告(52)の上告を棄却する決定をした。17日付。懲役13年とした1、2審判決が確定する。

 1、2審判決などによると、被告は自身が卒業した私立中に長男、崚太君=当時(12)=を進学させるため勉強を教える中で暴力を振るうようになり、28年8月21日、崚太君の態度にいら立ちを募らせて胸を包丁で刺し、失血死させた。

 弁護側は、もみ合った際に被告が持っていた包丁が意図せず刺さった可能性があるとして傷害致死罪にとどまると主張。当時は心神耗弱の状態だったとも訴えていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ