PR

地方 地方

LINEで接触情報通知 コロナ対策で浜松市

 浜松市は12日、新型コロナウイルス対策として、市内の公共施設や金融機関などを訪れた人が感染した場合、無料通信アプリ、LINE(ライン)で同じ施設を利用した人に接触情報を通知するシステムを16日から導入すると発表した。市外の人も使える。

 利用者は市の公式アカウントに登録し、施設に掲示された市発行のQRコードを携帯端末で読み取る。その後、感染者が同じ施設を同一時間帯に利用していた場合、市からコールセンターに連絡するよう通知が来る。

 12日に記者会見した鈴木康友市長は「万が一感染者が発生したときにスピーディーに対応可能だ」と述べ、市民に活用を呼び掛けた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ