PR

地方 地方

死亡の夫を妻殺害容疑で書類送検 無理心中か

 千葉県松戸市の住宅で昨年12月、40代夫婦の遺体が見つかった火災で、県警は12日、妻を殺害したとして殺人容疑で、夫の会社員、佐藤和彦容疑者=当時(46)=を容疑者死亡のまま書類送検した。県警は無理心中とみている。

 書類送検容疑は、昨年12月29日午後、自宅で妻=同(46)=の背中を包丁のようなもので刺し、灯油をまいて火を付け死亡させたとしている。

 県警によると、妻の死因は一酸化炭素(CO)中毒か焼死で、背中に刺された傷があった。佐藤容疑者は焼死で、遺体はいずれも1階部分で見つかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ