PR

地方 地方

コロナでも黒字確保を強調 株主総会でトヨタ社長

 トヨタ自動車の定時株主総会の会場に入る株主ら=11日午前、愛知県豊田市の本社
 トヨタ自動車の定時株主総会の会場に入る株主ら=11日午前、愛知県豊田市の本社

 トヨタ自動車は11日、愛知県豊田市の本社で定時株主総会を開いた。豊田章男社長は、新型コロナウイルスの感染拡大による影響はあるものの、コスト削減に取り組んできた結果、令和3年3月期のグループの本業のもうけを示す連結営業利益は「黒字を確保できる」と自信を示した。自動運転などの先進技術への取り組みについても説明した。別の役員は「国内生産300万台は死守する」と強調し、現在の国内での生産水準は維持する考えを示した。

 総会では取締役9人の選任や定款への電力事業の追加など3議案を提案した。

 今回の総会は新型コロナ感染防止のため、株主に来場を控えるよう要請。郵送かインターネットでの議決権行使を呼び掛けた。同社は世界的な新型コロナ流行を背景に、連結営業利益が、21年3月期は前期比で約8割減ると予想している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ