PR

地方 地方

昨年の台風15号の体験文・写真募集 館山市立博物館

 館山市立博物館が昨年の台風15号(令和元年房総半島台風)の被災体験文や写真を募集している。台風15号では長期間停電した。博物館は「後世に伝える歴史資料として保存、活用する」としている。

 募集しているのは、台風15号が本県に上陸した昨年9月9日未明、どこにいて、何が起こったか。そのときの気持ち▽電気が復旧したのはいつで、それまでどうやって過ごしたか▽台風の影響で生活にどんな変化があったか-をつづった体験文。翌10月の台風19号や大雨の被害を含む。または、撮影時期、場所を記した台風災害を伝える写真。

 関東大震災や先の大戦の体験文や写真が歴史資料として価値を持つように、災害体験の記録は、地域の歴史の重要資料になるため、「箇条書きや日記のコピーでも構わない」と協力を呼び掛けている。市民以外からの応募も受け付ける。

 締め切りは8月31日。送り先・問い合わせは、館山市館山351の2城山公園内 館山市立博物館(0470・23・5212)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ