PR

地方 地方

児童氏名をホームページに誤掲載 旭川の小学校

 北海道旭川市教育委員会は5日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、市立小学校1校が、ホームページ上で児童の健康状態を報告する際、フォームに学年とクラスを入力すると、クラスの児童全員の氏名が誤って表示されていたと発表した。フォームは保護者向けだが誰でも入力可能で、氏名も閲覧できた。被害の報告はない。

 市教委によると、4月17日から、市民の指摘があった6月4日まで、児童計約250人分が閲覧可能だった。フォームは同校の教員が作成しており、市教委は「個人情報に対する認識が甘く、チェックが不十分だった」としている。他の学校で同様の事案は確認されていないという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ