PR

地方 地方

広島に大型物流施設建設 大和ハウス、中四国最大

大和ハウスが建設する大型物流施設のイメージ
大和ハウスが建設する大型物流施設のイメージ

 大和ハウス工業は29日、広島西飛行場の跡地(広島市西区)に大型物流施設を建設すると発表した。中国・四国で最大の物流施設となるという。投資額は約180億円。6月に着工し令和3年11月の完成を目指すとしている。

 大和ハウスは自社で物流施設を建設し、企業に賃貸する物流施設事業を強化している。施設名は「DPL広島観音」で広島港から約3キロの場所に位置している。地上5階建てで、延べ床面積は約9万6000平方メートル。最大10社の入居が可能という。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ