PR

地方 地方

世界に誇れるパン朝食提供 広島アンデルセン8月開店

 アンデルセン・パン生活文化研究所(広島市)は、建て替え工事が進むベーカリーレストラン「広島アンデルセン」(同市中区本通)を8月1日にオープンする。鉄骨5階建て延べ床面積約3400平方メートルの店内にはパーティー会場やカルチャーフロアなどが設置され、建物南側は緑地帯にするとしている。

 旧建物は大正14年、旧三井銀行広島支店として建てられ、昭和20年8月6日に被爆した。同42年にタカキベーカリー(当時)が建物を購入し、「広島アンデルセン」がオープン。建物の老朽化が進んだことなどから平成28年1月に営業を終了して全面改装を進めていた。

 新しい建物は創業の精神と歴史を受け継ぎ、パンのある豊かな暮らしを提案する。1階に「ベーカリーマーケット」、2階には約150席を備えた「アンデルセンキッチン」を設置。「広島」「旬」「デンマーク」をテーマにさまざまなメニューを提供する。同社は「特に朝食には力を入れて、『世界に誇れるパンのある朝食』にしたい」と意気込む。3階は「カルチャーフロア」となり、4、5階の「パーティーフロア」ではウエディングも手がける予定だ。

 同社によると、新建物の東側2階部分の壁面には、旧建物の被爆外壁約50平方メートルが取り付けられており、被爆建物としての登録も継続されるという。同社は「長い間お待たせしたが、8月1日は昭和28年に創業した日。創業の精神を大切にして、お客さまと会話ができる店を目指したい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ