PR

地方 地方

暴力団関係者 2人を殺害後に自殺か 長野

 長野県坂城町の市川武範さんの住宅で長女の飲食店従業員、杏菜さん(22)と、次男で高校1年生の直人さん(16)、暴力団関係者の男が死亡した事件で、男が杏菜さんと直人さんを殺害し、その後に自殺した疑いがあることが28日、捜査関係者への取材で分かった。

 県警によると、男には事件前、市川さんの長男に対する傷害容疑で逮捕状が出ていた。県警は男を警戒し市川さん家族を「保護対象者」に指定。長男を保護し、家族にも避難を勧めていた。

 男は住所不詳の暴力団関係者、小沢翔容疑者(35)で、事件当時、市川さんと長男は不在だった。杏菜さんと直人さんが在宅している際に小沢容疑者が訪れ、殺人事件が起きたとみられる。現場では拳銃が発射された疑いがあるという。市川さんの妻も在宅していたが、無事だった。

 小沢容疑者は24日午後11時半ごろに、同県上田市内のコンビニエンスストアの駐車場で長男に暴行した疑いがあり、長男は25日に被害を届けた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ