PR

地方 地方

コロナ感染とネットに虚偽 業務妨害容疑で会社員逮捕 福島県警

福島県警本部(内田優作撮影)
福島県警本部(内田優作撮影)

 福島県警須賀川署は27日、インターネットの掲示板に、須賀川市内の商店関係者が新型コロナウイルスに感染していると虚偽の書き込みをしたとして、業務妨害と名誉毀損の疑いで、須賀川市東作、会社員、渡辺岳司容疑者(54)を逮捕した。

 逮捕容疑は4月2~3日、匿名のネット掲示板に、個人経営の店舗名と場所を挙げた上で「(店員の)家族がコロナに感染している」とうそを書き込み、業務を妨害するなどした疑い。

 気付いた客が店に知らせ、店が被害届を出した。書き込み後、店には複数回の無言電話があり、売り上げ減少などの被害が出た。

 同署によると、渡辺容疑者は「職場で聞いたうわさ話を書き込んだ」と容疑を認めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ