PR

地方 地方

フォーティナイナーが死ぬ

 日本軽種馬協会は18日、北海道の静内種馬場で繋養(けいよう)されていたフォーティナイナーが同日、老衰のため35歳で死んだと発表した。

 同馬は競走馬として米国で通算19戦11勝(うちGI4勝)をマークし、種牡馬としても活躍。1996年に日本に輸入されて2007年まで種付けを続け、マイネルセレクト、ユートピアなど主にダート系の優秀な競走馬を輩出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ