PR

地方 地方

競走馬が復帰目指し初泳ぎ 福島、JRAでプール開き

 福島県いわき市にある日本中央競馬会(JRA)競走馬リハビリテーションセンターで18日、負傷した競走馬がレース復帰を目指してトレーニングするプール開きがあり、療養中のサラブレッド5頭が初泳ぎをした。

 この日は曇天で水温は18度。最初は水を怖がる馬もいたが、プールサイドを歩く調教師に手綱を引かれ「ブルルッ」と鼻を鳴らしながら、1周40メートル、深さ3メートルのドーナツ形プールを4周ずつ泳いだ。

 馬のプール調教は脚に負担を掛けずに筋肉を鍛え、心肺機能を高める効果がある。10月中旬までの平日はほぼ毎日実施されるが、今年は新型コロナウイルス感染予防のため一般の見学を中止している。村中雅則所長は「見学できるようになったら、馬が頑張る姿を見てもらいたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ