PR

地方 地方

サッカー代表カレーで激励 専属シェフ、福島の病院

新型コロナウイルス感染症への対応で奮闘する病院職員らに、カレーライスを提供するサッカー日本代表専属シェフの西芳照さん=12日、福島県南相馬市の市立総合病院
新型コロナウイルス感染症への対応で奮闘する病院職員らに、カレーライスを提供するサッカー日本代表専属シェフの西芳照さん=12日、福島県南相馬市の市立総合病院

 サッカー日本代表の専属シェフで福島県在住の西芳照さん(58)が12日、新型コロナウイルスへの対応で奮闘する医療従事者を励まそうと、同県の南相馬市立総合病院でカレーライスを振る舞った。

 西さんは約300人分のカレーを用意し、青の代表ユニホームを着た家族らと一緒に、感染拡大防止のため一人分ずつ容器に取り分けた上で、病院の各職場に配った。西さんは「少しでも元気を出して難局を乗り切ってほしい」と激励した。

 西さんは南相馬市出身。同県のサッカー施設Jヴィレッジで総料理長を務め、平成16年からは代表専属シェフとして海外での200試合以上に同行した。提供したのは試合後に必ず出す、野菜たっぷりのビーフカレーで、栄養バランスが良く疲労回復が期待できる。長友佑都選手や長谷部誠選手らもお気に入りのメニューだという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ