PR

地方 地方

吉岡のひき逃げ 50歳男性死因は外傷性ショック

 吉岡町上野田の県道で4月15日未明、軽乗用車が乗用車に追突されて炎上し、男女2人が死亡したひき逃げ事件で、渋川署は11日、軽乗用車に乗っていた渋川市中郷の会社員、鳥越俊彦さん(50)の死因は外傷性ショックと明らかにした。同乗者で鳥越さんと同居していたパート、桜井初江さん(51)の死因は焼死と判明した。

 事件をめぐっては、自動車運転処罰法違反(過失致死アルコール等影響発覚免脱)と道交法違反(ひき逃げ)の罪で、乗用車を運転していた渋川市渋川の運転代行業、石坂太一被告(28)が起訴されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ