PR

地方 地方

北海道で新たに22人感染 計907人に、1人死亡

新型コロナウイルス(オレンジ色)の電子顕微鏡画像=米国立アレルギー・感染症研究所提供
新型コロナウイルス(オレンジ色)の電子顕微鏡画像=米国立アレルギー・感染症研究所提供

 北海道と札幌市は6日、新たに22人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。また、市は感染が確認されていた80代男性1人が死亡したと明らかにした。道内の感染者は計907人、死者は計46人になった。

 新たに感染が判明したのは札幌市が15人で、このうち5人が集団感染が起きた介護老人保健施設「茨戸アカシアハイツ」(同市)の入居者や職員で、1人が職員の同居家族の50代男性警察官。このほか、石狩地方と後志地方でそれぞれ3人、オホーツク地方で1人の感染が確認された。

 札幌市は30代の女性看護師が再感染したと発表した。女性は4月19日に陽性が確認された後、2度の検査で陰性となったことから療養先の宿泊施設を退所。その後に微熱やせきなどの症状を訴え、5月5日に再び陽性と確認された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ