PR

地方 地方

【千葉知事会見抄録】臨時医療施設の開設準備進める

 【新型コロナウイルス】

 森田健作知事「1点目は感染者の発生状況について。県内では4月22日まで累計で751人の感染者が出ている。政府の緊急事態宣言が千葉県に出されている。一方、社会福祉施設などで集団感染が多発し、感染経路が特定できないケースも6割になっている。気を緩めることなく、外出自粛を周知徹底する。2点目は、休業要請の協力について。複数の市町村から、休業要請に応じないパチンコ店などがあり、県から強い休業要請を行うように要望があった。事業者に対するさらなる強い要請を行うには、国が統一的な基準を示すべきと考え、昨日要望した。感染を拡大させないためには事業者の協力は不可欠。理解と協力をお願いする。3点目は他県からの来訪者について。千葉県にはサーフィンをはじめ、県内外から人が集まる魅力的なスポットがあり、訪れたいと思っていただくのは大変ありがたいが、現在の感染状況を踏まえ、県境を越えての来訪は控えてほしい。4点目は医療提供体制の確保について。医療関係者の皆さまにご尽力いただき感謝の言葉以外ない。病床の確保が急務となっており、爆発的な感染に備えて、臨時医療施設の開設準備も進める」

 --休業要請で国の基準が示された場合の対応は

 「休業要請をしているが、なかなか効果が出ない場合は、国と協議して、施設特定の上、休業要請、公表、それでも応じていただけない場合は、休業指示、公表になると思う。一方で、事業者からの訴訟リスクも考えられる。国にお願いしたのは、法的根拠を明確にして、指針を作ってほしいとお願いした。国の指針がきちんとでたら、迅速に対応を進めたい」

 --政府の緊急事態宣言が延期される可能性についてどうみるか

 「国が専門家会議の知見などを踏まえて判断することだ。県としては、感染拡大防止に取り組むため、国が延長すると決めたら従う」(23日の定例記者会見)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ