PR

地方 地方

「県境検温」本格実施 山形、主要駅や高速PAで

本格的に開始した県境検温で非接触型検温計で測定する職員=25日、山形市の山形蔵王PA(柏崎幸三撮影)
本格的に開始した県境検温で非接触型検温計で測定する職員=25日、山形市の山形蔵王PA(柏崎幸三撮影)

 山形県は大型連休初日の25日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、来県者を対象にした県境などでの検温を本格的に始めた。主要駅や高速道路のパーキングエリア(PA)で実施。発熱が判明した場合も訪問は拒まないが、滞在先で人と接触しないよう求める。5月10日まで。

 JR山形駅(山形市)に午前10時すぎ、東京発新庄行きの山形新幹線が到着すると、県職員は改札口付近に据え付けられたサーモグラフィーで、降りてきた乗客3人の体温を確認した。画面上に赤く表示される体温37・5度以上の人はいなかったが、市職員らが不要不急の外出を控えるよう求めるチラシを配った。

 ほかの実施場所はJR米沢駅や山形、庄内両空港、宮城県境に近い山形自動車道の山形蔵王PAなど。

 検温は実施場所を絞り、18日から試行していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ