PR

地方 地方

「微熱がある」 柏署、不法残留容疑のベトナム人男ら逮捕 コロナは陰性

 柏署は22日、不法残留をしたとして、入管難民法違反(不法残留)の疑いで、自称柏市明原のグエン・ディン・ナム(37)、住居不詳、チン・バン・ドン(31)ら、20~30代のベトナム国籍の男の3容疑者を逮捕した。いずれも容疑を認めているという。

 逮捕容疑はいずれも、1年半~2年、在留期間を過ぎて国内に滞在したとしている。21日午後9時半ごろ、グエン容疑者らが住むアパートの隣人から「うるさい部屋がある」と110番通報があり、署員が駆け付けて発覚した。

 署員がアパートで同日、事情聴取中、グエン、チン両容疑者が「微熱がある」と申告。署員は、携帯していた防護服に着替え、聴取を続けた。翌22日、病院を受診し、新型コロナウイルスの陰性と判明。逮捕に踏み切った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ