PR

地方 地方

【新型コロナ】自然災害家屋調査協、マスクを緊急調達し関係機関に寄付 神奈川

 自然災害の救援支援活動に取り組む一般社団法人「全国自然災害家屋調査協会」(横浜市港北区)は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い品薄状態が続くマスクを関連企業の協力などで調達し、行政機関や病院、鉄道などライフラインの要となる機関に寄付している。

 これまでに1千枚以上のマスクを8カ所にそれぞれ寄付し、8日には港北区に寄付した。栗田るみ区長は「心から感謝申し上げます。とくに必要性の高いと考えられる福祉施設などに優先的に配布するなど最大限有効活用させていただきたい」と述べた。

 同協会の緑川佳晴代表理事は「感染拡大はいわゆる自然災害といえ、手をこまねいているのはしのびなく、少しでも救援できないかとかき集めた。微力ながらも事態が収まるまで続けていきたい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ