PR

地方 地方

【新型コロナ】ザスパ船津選手退院 「全力プレーで恩返し」

 サッカーJ2のザスパクサツ群馬を運営するザスパ(前橋市)は15日、新型コロナウイルスに感染し、県内の医療機関に入院していたDF船津徹也選手が退院したと発表した。13、15日にPCR検査を行い、いずれも陰性と判定された。

 船津選手は「自分が体験したことをできる範囲で皆さんにお伝えして、少しでも皆さんの知識にしてもらうこと。そして、サッカー選手として、ピッチの上で全力でプレーしている姿を見てもらうことで恩返しをしていければ」とコメント。

 ザスパの奈良知彦社長は「ウイルスが他人事ではなく『誰しもが感染するリスクを孕(はら)むもの』という怖さを再認識した。今まで以上に気を引き締め、拡大防止に努める」とコメントした。

 船津選手の濃厚接触者とされたチーム関係者41人は10日、健康観察・外出自粛要請期間を終えている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ