PR

地方 地方

新型コロナ 軽症患者らを宿泊施設へ 福岡

福岡県が始めた、新型コロナウイルス感染者の療養先となる宿泊施設への移送=北九州市小倉南区
福岡県が始めた、新型コロナウイルス感染者の療養先となる宿泊施設への移送=北九州市小倉南区

 福岡県は13日、新型コロナウイルス感染者のうち無症状や軽症の人を対象に、入院先の医療機関から療養先となる宿泊施設への移送を始めた。限られた病床を症状の重い人に優先して割り当て、医療崩壊を防ぐのが狙い。

 この日は午後3時40分ごろ、感染者7人を乗せたマイクロバスが受け入れ先となる「東横イン北九州空港」(北九州市小倉南区)に到着し、防護服を着た県の職員らが出迎えた。スーツケースや大きなかばんを抱えたマスク姿の感染者が間隔を空け、正面玄関から順番に中へ入った。

 県によると、移送の対象は入院する必要がないと医師が判断した人。高齢者や基礎疾患がある人は除く。医師や看護師、生活を支援する県職員が交代で常駐する。政府の緊急事態宣言の対象地域になった福岡県は、感染者数の急増に伴って病床が逼迫(ひっぱく)している。県は、他にも複数の宿泊施設に受け入れを要請している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ