PR

地方 地方

B1大阪、新たに1人陽性 チーム内で計13人が感染

 バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)大阪は13日、新たにチーム関係者1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。プライバシー保護のため、名前などは非公表。入院先が決まるまで自宅待機する。チームの感染者は計13人となり、クラスター(感染者集団)発生の可能性がある。

 チームによると、当該の関係者は喉の痛みやせき、鼻づまりの症状を訴えて10日にPCR検査を実施し、11日に陽性が確認された。ともに検査を受けた関係者2人は陰性だった。今後3選手が検査を受ける予定。

 大阪は2日にBリーグで初となる選手1人の感染を発表。これまでに選手11人、チーム関係者2人の感染が判明している。保健所の指導に基づき、選手、関係者、スタッフ全員のPCR検査を実施する方向で調整している。活動を休止し、練習場のおおきにアリーナ舞洲も閉鎖している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ