PR

地方 地方

日本郵便東北支社長が謝罪 福島県二本松市で集団感染

 福島県二本松市の二本松郵便局で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したことを受け、日本郵便の古屋正昭東北支社長が10日に福島市で記者会見を開き「利用者や県民に迷惑を掛け、心よりおわびしたい」と謝罪した。

 同郵便局での感染は9日までに8人確認されており、発熱後も業務を続けていた職員もいた。古屋氏は「熱が出るなど体調に異変があった場合、上司に申し出るよう指導していた」と語り、職員の管理に問題はなかったとの認識を示した。

 同郵便局は業務を休止しており、郵便物など約3万1千通が保管されたままとなっているという。業務の再開時期は未定とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ