PR

地方 地方

【サンライト帳】「何度目の…」

 「地下1階の喫煙室のご利用を一時停止させていただきます」。先日、取材先から総局に戻ると、入居するサンライトビルからのお知らせを目にした。新型コロナウイルスの感染防止対策の一環だという。確かに狭い密閉空間に人が集まり紫煙をくゆらす場所は、感染リスクが高い。コロナ禍はこんなところにも影を落とすとは… ▼もっとも1日から改正健康増進法が全面施行され、飲食店のほか、宿泊設備や輸送機関、娯楽施設などで原則屋内禁煙となった。ますます喫煙できる場所は少なくなり、愛煙家の肩身は狭くなるばかりだ ▼原稿を書く手が止まると、どうしても喫煙室に足が向いてしまう身ではあるが、世の中の流れに異を唱えるつもりはない。むしろこの際、思い切って禁煙を始めたい。これも「#アフターコロナ」、ピンチをチャンスに変える前向きな取り組みだと自らに言い聞かせて。「これで何度目の『禁煙宣言』でしたっけ?」。同僚の冷ややかな視線は気にしないでおこう。 (九州総局 小沢慶太)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ