PR

地方 地方

ユースキン製薬、川崎市内の保育園にハンドクリームを無償配布

 新型コロナウイルスの感染拡大防止が叫ばれる中、川崎市の「ユースキン製薬」は、手洗いやアルコール消毒のやりすぎで肌荒れがひどくならないようにと、ハンドクリーム約2万個を市内の保育園に無償配布することを決めた。

 民間保育園約60園が加盟する市保育会と合意。職員や園児計約6千人に園だけでなく、持ち帰って各家庭でも使ってもらう。例年は3~4月になると日焼け止めの出荷が伸び始めるが、今年はハンドクリームの需要が引き続き高いという。

 同社は以前から子供たちに楽しんで手荒れケアをしてもらおうとアニメ動画を作成し、公開しており、担当者は「手荒れを重症化させないよう、親子でしっかり塗ってほしい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ