PR

地方 地方

福岡に新たな大型商業施設「アイランド・アイ」が開業

 福岡市東区のアイランドシティで27日に開業する大型複合施設「island eye(アイランド・アイ)」が26日、プレオープンセレモニーを開いた=写真。商業エリアやホテル、劇場などを備えた福岡の新たな集客スポットとして期待されており、今秋にはホテルが開業する予定。

 健康食品通販大手のやずや(福岡市)と不動産サービス大手、ジョーンズラングラサール(東京)が共同で開発した。延べ床面積は約4万2千平方メートルで、年間360万人の来場を目標としている。

 開業した商業エリアには九州初出店の飲食や物販店など32店舗が入っている。大規模会議が開けるMICE(マイス)や、長崎県佐世保市のテーマパーク「ハウステンボス」の歌劇団「歌劇 ザ・レビュー ハウステンボス」の専用劇場も備える。今秋開業予定のホテル(客室360室)にはプラネタリウム観賞やジャングルをコンセプトにした部屋も登場する計画だ。

 やずやが複合施設の開発を手掛けるのは初めてで、やずやグループのスカイアイランドの蔵本寛大取締役は「人でにぎわう福岡の新しい観光スポットになってほしい。地域のみなさまに応援いただき、さらに成長していきたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ