PR

地方 地方

高崎市、来月7日に学校再開 マスク材料、児童生徒に配布

 高崎市は25日、新型コロナウイルス感染対策で休校としている市内の小中学校などについて、4月7日から再開することを決めた。

 文部科学省が24日に通知した再開に向けての指針を受けての措置で、手洗いの励行や徹底した換気などの対策も打ち出した。

 市独自の取り組みとして、全国的に続くマスク不足に対応し、マスク2枚分の材料(柔らかい白い布と耳にかけるひも)を児童生徒1人ずつに配布。1枚は教師の指導で児童生徒が学校で、もう1枚は家庭に持ち帰って保護者と製作するようにする。

 飯野真幸教育長は「マスクを調達できなかった児童生徒が肩身の狭い思いをしないように」とコメントした。

 入学式には新1年生と保護者だけが出席、始業式は各教室で校長の話を校内放送で聞くなど簡素化した形で行う。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ