PR

地方 地方

秋田県知事、「県境対策」を指示 慎重行動求める

 佐竹敬久知事は23日、新型コロナウイルス対策をめぐり、感染拡大地域から県内入りする人に慎重行動を求めるなどの「県境対策」を指示した。

 県危機管理対策本部会議で述べたもので、佐竹知事は、県内で確認された感染者2人からの2次感染はなかったとしながらも「これから入学、転勤、帰省などで県内入りする人が増える。2次感染を防ぐには『県境対策』が肝要だ」と指摘。「感染拡大地域から来る人は来訪後一定期間は活発な行動を控えたり、体調が悪ければ例えば1、2週間は来訪を控えるよう、広く周知する必要がある」と関係部局に指示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ