PR

地方 地方

広島高2刺殺、無職男に無期懲役 広島地裁「身勝手極まりない」

広島地裁で判決を聞く鹿嶋学被告(イラストと構成・田村角)
広島地裁で判決を聞く鹿嶋学被告(イラストと構成・田村角)

 広島県廿日市市で平成16年10月、高校2年の北口聡美さん=当時(17)=をナイフで刺殺するなどしたとして、殺人などの罪に問われた無職、鹿嶋学被告(36)=山口県宇部市=の裁判員裁判で、広島地裁(杉本正則裁判長)は18日、「動機は身勝手極まりない」として求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。

 鹿嶋被告は起訴内容を認めており、量刑が争点だった。判決理由で杉本裁判長は「将来ある人生を奪われた北口さんの悔しさや、家族の悲しみは筆舌に尽くしがたく、祖母の命も危険にさらされた」と指摘。「長期間、犯人が特定されず、家族は恐怖にさいなまれ、地域社会への影響も大きかった」と述べた。

 弁護側は、暴行目的の突発的な犯行だったとして有期刑を求めていた。杉本裁判長は、動機が暴行に失敗したことや自己の境遇に対する怒りだったことを挙げ「計画性のなさを考慮しても強い非難に値し、有期刑が相当の軽い事案ではない」と退けた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ