PR

地方 地方

花見シーズン直撃、業者「しんどい」 イベント自粛継続要請

花見に際した宴席区画の設置中止の看板が掲げられた東京・上野公園=7日午後
花見に際した宴席区画の設置中止の看板が掲げられた東京・上野公園=7日午後

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、安倍晋三首相が10日、イベント開催自粛の延長を求める考えを明らかにした。花見シーズンを直撃するだけに、業者から悲鳴が上がった。

 「待つしかないのか」。バーベキュー機材のレンタルなどを行う「ワイルドバーベキュー」(広島県福山市)の担当者は肩を落とす。自粛の影響でこれまでにレンタルの注文が例年の半分に落ち込み、3月はほぼキャンセルに。花見客からの注文が多く入る3~4月は1年で最もかき入れ時。追い打ちをかけるようなイベントの延長要請に「期間が長くなるのはしんどい」と打ち明けた。

 休館が続く博物館も対応に苦慮する。東京・上野の国立科学博物館は3月15日まで臨時休館の対応を取った。14日に開始予定だった特別展「和食」も17日からに変更している。担当者は「首相が言うのなら要請に従うしかない。文化庁からの連絡を待って対応を決めたいが、今後のことはまだ分からない」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ