PR

地方 地方

新型コロナ感染疑い、調査書をもとに選抜 山形、公立高受験者

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県教育委員会は、令和2年度公立高入学者選抜(10、11日)で新型コロナウイルスに感染、または感染の疑いがあって受験できない生徒の救済措置として、中学校の成績などを記した調査書をもとに選抜することを決めた。県教委によると、受験当日までに新型コロナウイルスに罹患(りかん)した受験生や、帰国者・接触者相談センターから帰国者・接触者外来を受診するよう指示されたり、受診した受験生が対象。検査結果が判明していない場合でも対象になる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ