PR

地方 地方

高校生平和大使の訪韓中止 新型コロナ感染考慮

 核兵器廃絶を求めて署名運動をしている広島、長崎両市の市民団体「高校生平和大使派遣委員会」は26日、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、3月に予定していた韓国への高校生の派遣を取りやめることを明らかにした。

 訪韓事業は平成15年から毎年実施しており、中止は今回が初めてという。派遣委の平野伸人共同代表(73)は「高校生や現地の被爆者の安全を考慮した。残念だが、来年は交流を復活させたい」と話した。

 派遣委によると、高校生15人程度が3月27~30日の日程で釜山市や陜川郡を訪問し、在韓被爆者との交流や現地での署名活動を予定していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ