PR

地方 地方

被害者保護、再犯防止に重点 宇都宮地検小野検事正が着任 栃木

 14日に着任した宇都宮地検の小野正弘検事正(58)が同日、記者会見を行い、「被害者保護や犯罪者の再犯防止に重点を置き、事案の真相解明に当たっていきたい」と抱負を語った。

 小野検事正は平成14~16年、同地検栃木支部長兼足利支部長としての勤務経験があり、県内勤務は2度目。「穏やかな県民性という印象。県内の情勢はある程度把握しているのでやりやすい」と話した。

 これまでに関わった中で印象に残る事件については、平成5年からの浦和地検(現さいたま地検)時代に経験した、愛犬家が犠牲になった連続殺人事件を挙げた。「当時はDNA型鑑定もなく捜査が困難だった。遺体の遺棄場所から被害者の骨片を見つけ、立証することができた」と振り返った。

 小野検事正は東京都出身。和歌山地検検事正や最高検検事などを歴任した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ