PR

地方 地方

海自哨戒機から部品落下か 被害情報なし 県内上空を飛行中 神奈川

 海上自衛隊第4航空群司令部は、厚木航空基地(綾瀬市など)所属のP1哨戒機が県内上空を飛行中に、部品を落下させた可能性があると発表した。これまでに被害情報は寄せられていない。

 司令部によると、落下した可能性があるのは、リベットと呼ばれるアルミ合金製の部品で、直径約2ミリ、長さ約10ミリ、重さ約1グラム。

 哨戒機は10日午後に基地周辺を飛行訓練していた。12日朝の点検で部品がなくなっていることが判明。基地内を捜したが見つからなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ