PR

地方 地方

念願、山形でライム初収穫

 東北地方では生産が難しいライムの収穫が13日、山形市南栄町で行われ、栽培を開始してから初めて40個が収穫された。

 無農薬でレモン栽培に挑戦してきた「ハンドレッドベリーズ」代表の石岡浩明さん(59)が、平成24年に知り合った飲食店経営の伊藤真治さん(44)から「輸入品しか手に入らないライムは高価な上、完熟しておらず果汁が出ない」と聞き、4年前からライムを栽培してきた。

 石岡さんは「タヒチライム」という品種を鉢植えにし、気候や日照時間を考慮するなど試行錯誤を重ねながら栽培。不作が続く中、今年は6鉢で実った。輸入のライムとは異なり、レモンに似た形で黄色く、香りが爽やかなのが特徴だ。

 収穫したライムは伊藤さんの飲食店「ブルーマーケットブラザーズ」(山形市香澄町)に納品され、14日からカクテルに使われる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ