PR

地方 地方

来月7日、上尾で「星に語りて」上映会 東日本大震災から9年

 東日本大震災の発生から来月で9年を迎える中、上尾市地頭方にある社会福祉法人「あらぐさ福祉会」は来月7日、震災で被災した岩手県陸前高田市の共同作業所をモデルにした「星に語りて」(松本動(ゆるぐ)監督)の上映会を上尾市文化センターで開く。映画は昨年3月から全国各地で公開され、あらぐさ福祉会後援会が主催する上映会は初めて。

 映画は震災後、さまざまな困難に直面する中、支援者やスタッフの協力を得て日常を取り戻す過程を描いたドキュメンタリーだ。県内の障害者も実際にオーディションを受けて役者として登場している。

 あらぐさ福祉会では、障害者が自立した生活を営めるように就労支援などを続けている。管理者の荒川伊津美さんは「東日本大震災でも障害者の避難生活は支援が行き届かず、厳しい生活を強いられた。彼らの現実を多くの人に見てもらうことが理解の一歩になる」と話している。

 全席自由席で1千円(当日券は1200円)。午前11時と午後4時の2回。問い合わせは同福祉会(048・726・5720)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ