PR

地方 地方

「福島県民の警察官」2氏を表彰 栄誉励みに一層の活躍期待

 <福島>県民の安全を守るため昼夜を問わず尽力してきた警察官をたたえる「第35回福島県民の警察官」(福島テレビ主催)の表彰式が12日、福島市のクーラクーリアンテで行われ、福島署交通捜査第1係長の佐々木浩二警部補(55)と、郡山北署地域第1係自動車警ら専門官の橋本良孝警部補(52)に「県民の警察官章」が贈られた。

 表彰式には県警関係者や選考委員など約130人が出席。主催する福島テレビの横山淳社長は「陰で支えた奥さまと二人三脚で歩んだ成果」などとあいさつ。両氏に表彰状と「県民の警察官章」などを手渡した。

 内助の功をたたえ、佐々木警部補夫人の香苗さん(50)と橋本警部補夫人の章子さん(49)に、福島テレビの森洋一会長から花束が贈られた。県警の林学本部長は「栄誉を励みに、県民が安全と安心を実感して暮らせる地域社会作りに一層の活躍を」と両氏の受章を祝った。

 佐々木警部補は「この名誉は全警察官を代表したものと思っている」、橋本警部補は「感謝しかない。新たな責任を感じている」とそれぞれ受章の喜びを語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ