PR

地方 地方

【上州この人】Jホラー巨匠は繊細なガキ大将 映画監督・清水崇さん(47)

 国内外で大ヒットした「呪怨」シリーズなどで知られる前橋市出身の映画監督、清水崇さん(47)。前橋文学館(同市千代田町)で生い立ちから最新作「犬鳴村」まで紹介する企画展が開催中だ。怖がりだった少年は「怖がらせる側に回ればいいんだ」と気付き、ジャパニーズホラーの巨匠に。故郷で育んだ創作意欲を燃やし続ける。(宇野貴文)

                  ◇

 監督の素質は子供の頃からあったようだ。友達と遊びで肝試しをやるときも「自分はやらずに指示を出す。それが今でも変わっていない」。

 ホラーは怖くて、「なんでわざわざ見るの?」と敬遠していたが、中学時代から同級生や家族を撮って映像制作をしていた。「ガキ大将的な面と、他人と距離を取りたがる繊細な面があった」。企画展の会場では、10歳の頃に夢中になった「E.T.」の頭部を紙粘土で作ったフィギュアが強烈な存在感を放つ。

 「本当は全身を作るつもりだった。部屋に鍵をかけて1カ月こもって作ったけど、頭の段階で疲れ果てた」

 会場では「呪怨」のキャラクターの伽椰子(かやこ)、俊雄と拡張現実(AR)アプリを組み合わせ、携帯電話で撮影できる仕掛けも。体を白く塗って俊雄に扮(ふん)し、携帯画面に現れる少年は幼なじみの息子だ。

 映画作りの現場を初めて経験したのは、同郷の小栗康平さんの監督作で、中之条町を撮影拠点にした県製作の「眠る男」(平成8年)。装飾助手・小道具担当として参加し、先輩にしごかれた。

 「その先輩は監督志望だった。悔しくて、『先に監督になってやろう』と思った」

 構想していたサイコサスペンスものがホラーとなり、後に、「呪怨」へと発展。劇場版「呪怨2」(15年)の酒井法子さんが出演する和室のシーンで「記念に」と思い、自身の先祖の遺影を使ったが…。

 「モニターの映像にノイズが走って。怖がる酒井さんには『(先祖が)応援してくれているんだよ』『ヒットするよ』と言い聞かせました」

 不思議な出来事は撮影現場以外でも。「助監督が駅のベンチの下で拾った携帯の履歴に僕の名前があって。妹の携帯だったんです」

 公開中の「犬鳴村」は福岡県に実在する心霊スポット「旧犬鳴トンネル」から着想を得た。ヒロイン・奏(かなで)(三吉彩花さん)が先祖の因縁で恐ろしい出来事に巻き込まれ、出自の秘密に向き合う物語だ。

 「誰もがあらがえない自分の血筋を感じ取れる映画にしたかった。決してアットホームではないが、ホラーが苦手な人には『ファミリー映画』と言って誘ってくれれば」

                  ◇

【プロフィル】清水崇

 しみず・たかし 昭和47年生まれ、前橋市出身。中央高校(現中央中等教育学校)卒業後、近畿大学文芸学部で演劇を専攻。平成10年に監督デビュー。主な作品に「呪怨」シリーズのほか、「稀人(まれびと)」「輪廻」「戦慄迷宮3D」「魔女の宅急便」「ブルーハーツが聴こえる~“少年の詩”」「こどもつかい」など。企画展は3月22日まで。入場無料。水曜休館。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ