PR

地方 地方

平塚市、市議提訴 個人情報持ち出し 選挙はがき作成に使用

 平塚市は、市を退職する前後に市民の個人情報を持ち出し、市議選時のはがき作成に使ったとして、渡部亮市議(40)に対し、市民への謝罪文送付費用など約220万円の損害賠償を求めて提訴すると発表した。

 市によると、渡部市議は市職員だった平成30年11月29日と退職翌日の同年12月22日に、市民の氏名や住所のデータ延べ約3万1千件をUSBメモリーに複製し、はがき作成に使ったとしている。

 渡部市議は昨年4月に初当選。投開票日前に市民から「選挙はがきが送られてきた。個人情報が漏れているのでは」と連絡があり、市が調査した結果、流出が判明した。

 渡部市議は同年8月、データの持ち出しを認めたが、選挙運動への利用は「分からない」と話した。市議会は辞職勧告を決議したが、辞職を拒否。市は同年11月、市個人情報保護条例違反の罪で県警に告発した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ