PR

地方 地方

九博が値上げ 常設展、4月から大人700円に

 九州国立博物館(福岡県太宰府市)は4月1日から、常設展(平常展)の料金を値上げすると発表した。大人430円を700円に、大学生130円を350円に引き上げる。増収分は、増加する訪日客向けの多言語解説や、最新技術を活用した展示などに充てる。

 高校生以下と70歳以上は現行通り無料。20人以上の団体割引は利用が少ないため廃止する。料金は平成17年の開館時が大人420円で、消費税増税に伴って26年に10円引き上げられていた。

 常設展は、日本刀や書物などの国宝6点や重要文化財56点を含む計2489点(昨年3月末時点)を、順次入れ替えながら展示している。東京、京都、奈良の国立博物館3館は、今年1月30日に4月からの値上げを公表。九博は共同運営する福岡県との調整に時間がかかり、発表が遅れたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ