PR

地方 地方

和歌山の高炉1基休止へ 日鉄、呉に続き生産縮小

 日本製鉄の和歌山製鉄所=2019年10月、和歌山市
 日本製鉄の和歌山製鉄所=2019年10月、和歌山市

 日本製鉄が、和歌山製鉄所(和歌山市)の高炉2基のうち1基の稼働を休止する方針であることが7日、分かった。鋼材の需要減少や市況悪化に対応するためで、生産体制の縮小で効率化を図る。日鉄は既にグループの呉製鉄所(広島県呉市)の高炉全2基を休止する方向で最終調整しており、さらに踏み込んだ取り組みにより、収益体質を強化する。7日午後に発表し、数年以内に実施する見通し。

 和歌山製鉄所は、旧新日本製鉄と合併した旧住友金属工業の主力製鉄所で、高級シームレスパイプなどを生産している。休止対象は平成21年に稼働した第1高炉(炉容積3700立方メートル)。

 日鉄は、自動車向け電磁鋼板など利幅の大きい高品質製品の生産設備を増強する一方、収益性の低い余剰設備の整理を進めている。これまでに呉製鉄所の第2高炉を令和6年度に、八幡製鉄所小倉地区(北九州市)の高炉1基は2年度末に休止すると決めていたが、呉と和歌山で生産能力を一段と削減することになる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ