PR

地方 地方

モバゲー規約一部差し止め さいたま地裁、DeNAに

 IT大手ディー・エヌ・エー(DeNA)運営のゲームサイト「Mobage(モバゲー)」の利用規約の一部が違法だとして、埼玉県の弁護士らで構成するNPO法人が使用の差し止めを求めた訴訟で、さいたま地裁は5日、DeNA側が有利になる不当な免責条項があるとし、該当条項の差し止めを認める判決を言い渡した。

 モバゲーはパソコンや携帯電話向けにゲームなどのサービスを提供するポータルサイト。会員登録して利用し、ゲーム内でアイテムを購入する際などに課金されるシステムもある。 

 訴状によると、利用規約には「当社の措置によりモバゲー会員に損害が生じても、当社は一切損害を賠償しません」との条項がある。谷口豊裁判長は判決理由で、この条項が不明確で複数の解釈の余地があり、DeNA側が「自己に有利な解釈に依拠して運用している疑いを払拭できない」とし、差し止めが相当と判断した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ