PR

地方 地方

前橋市長選告示 過去最多の6人立候補 保守分裂で激戦

前橋市長選が告示され、手を振って支持を訴える陣営の運動員=2日、同市(柳原一哉撮影)
前橋市長選が告示され、手を振って支持を訴える陣営の運動員=2日、同市(柳原一哉撮影)

 任期満了に伴う前橋市長選が2日告示され、過去最多の6人が立候補。県都のリーダーを決める7日間の選挙戦が始まった。選挙戦では自民党県連が自主投票を決めたことに伴い、保守勢力が分裂し混戦が予想される。各立候補者が人口減への対応やまちづくりなどをテーマにそれぞれ論戦に挑む。

 市長選に立候補を届け出たのは、3選を目指す無所属現職の山本龍氏(60)と、いずれも無所属新人で、元前橋市議の店橋世津子氏(58)=共産推薦▽元みどり市議の海老根篤氏(72)▽元自民党衆院議員で行政改革担当相を務めた佐田玄一郎氏(67)▽元自民党県議の岩上憲司氏(47)▽元前橋市議の中島資浩氏(48)-の計6人。

 同日告示された市議補選(欠員3)には、無所属の会社役員、遠山真大氏(57)▽無所属の会社員、小岩井僚太氏(26)▽共産公認で党地区役員、吉田直弘氏(41)▽無所属の元海上自衛官、林倫史氏(34)▽無所属の飲食業、入沢繭子氏(45)=立憲民主、国民民主、社民推薦▽NHKから国民を守る党公認の介護士、前田みか子氏(48)-の6新人が立候補を届け出た。

 両選挙とも投票は9日で、即日開票される。1日時点の選挙人名簿登録者数は27万9864人(男13万5776人、女14万4088人)。

 山本氏は午前8時、総社神社(元総社町)でダルマに目を入れるなどして、支持者ともに市長選3選を祈願した。

 午前10時半からヤマダグリーンドーム前橋(岩神町)で行った出陣式では、大勢の支持者に見守られながら決意表明。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ