PR

地方 地方

生活保護費を横領疑い

 警視庁蒲田署は30日、ケースワーカーとして自身が担当する生活保護受給者の口座から保護費8万5千円を引き出して着服したとして、業務上横領容疑で元東京都大田区職員、鮫島匠容疑者(29)=品川区南大井=を逮捕したと発表した。「借金返済に使った」と話している。

 逮捕容疑は平成30年12月、群馬県渋川市の介護施設に住む男性(83)から預かっていた銀行の預金通帳やキャッシュカードを使って、2回にわたって保護費を引き出して横領した疑い。

 蒲田署によると、区職員だった鮫島容疑者は、大田区に住んでいた男性を担当。男性は平成30年10月に区の紹介で渋川市の介護施設に移り、利用料の支払い事務などは同容疑者が担っていた。施設側から利用料の振り込みがないと区に問い合わせがあり、発覚した。

 同署は計30万円以上を着服したとみて裏付けを進めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ