PR

地方 地方

団地の部屋で遺体発見 「母は死亡」と勾留の男 名古屋

 28日午後5時25分ごろ、名古屋市名東区藤里町の藤の木団地の部屋で、性別不明の遺体を愛知県警名東署員が見つけた。住人の八木美智子さん(83)の長男で、住居侵入罪で起訴された男(56)が「母親は死んでいる」と申告したため、署員が確認に訪れた。

 同署によると、遺体は連絡が取れない八木さんの可能性があり、司法解剖して身元の特定を進めるとともに、長男が何らかの事情を知っているとみて死体遺棄事件として捜査している。八木さんの死亡届は提出されていないという。

 同署によると、遺体は腐敗が進んでいるものの目立った外傷はなく、プラスチックのケースに入れられていた。長男は起訴後、県警守山署に勾留されていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ