PR

地方 地方

新潟でワクチン接種開始 豚コレラ、13万5000頭

 新潟県は16日、豚コレラ(CSF)の感染予防のため、県内で飼育されている豚やイノシシ計約13万5000頭にワクチン接種を始めた。

 初日は上越市の養豚場の豚約700頭が対象。県の獣医師ら4人が午前10時ごろ、養豚場に入り、注射器を使って1頭ずつ、豚の耳の後ろの筋肉などにワクチン接種を始めた。3月下旬までに県内全頭の接種を終える見通し。

 農林水産省は先月、発生県に隣接する新潟など8都府県をワクチンの接種推奨地域に追加した。県によると、8都府県で接種を始めたのは新潟が4例目。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ