PR

地方 地方

列車と衝突 運転女性死亡 山形の踏切

 3日午前11時25分ごろ、JR奥羽線かみのやま温泉-羽前中山(ともに山形県上山市)間の踏切で、軽ワゴン車と山形発米沢行き普通列車が衝突。運転していた上山市の無職大場歌さん(85)が搬送先の病院で死亡した。列車の乗客約70人と運転士にけがはなかった。

 JR東日本山形支店によると、現場は遮断機と警報機がある踏切。警報音の鳴っている間に、軽ワゴン車が遮断機をくぐるようにして線路内に入ってきたという。上山署が事故原因を調べている。

 同線は約1時間半後に運転を再開。在来線と同じ路線を走る「ミニ新幹線」の山形新幹線は、上下線計7本が最大96分遅れ、約1900人に影響した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ