PR

地方 地方

来年9月までは続く?千葉・館山の簡易給食 親からもため息 

12月9日の簡易給食(教職員用)。児童は家庭から弁当かおかずを持参する=千葉県館山市佐野(橘川玲奈撮影)
12月9日の簡易給食(教職員用)。児童は家庭から弁当かおかずを持参する=千葉県館山市佐野(橘川玲奈撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 9月の台風15号で給食センターが甚大な被害を受け、満足な給食が提供されていない千葉県館山市。影響は子供だけでなく、弁当をつくらなければならない保護者にも広がっている。この状況は来年9月まで続くかもしれず、保護者からは「給食のありがたみが分かった」とのため息がこぼれている。(千葉総局 橘川玲奈)

 市立中学校に3人の息子を通わせる女性(43)は9月から毎朝、3人分の弁当をつくっている。

 市では市立の幼稚園、小学校、中学校の計23施設に約3600食の給食を提供。ご飯やパンなどの主食は県学校給食会から購入し、おかずのみを市給食センターで調理していた。

 ところが、台風15号で給食センターが使用不能に。市では希望者に「簡易給食」として、ご飯かパンに牛乳、なめたけやふりかけなどを提供しているが、これだけでは栄養が足りない。おかず持参もしくは弁当持参も認めており、女性は弁当を選択した。

 「簡易給食を希望すると、給食費で中学生は月に3千円かかる。でも、結局はおかずを持たせなければならないので、弁当との手間の違いはご飯を詰めるだけ。息子たちも献立表を見て『これならいらない』と言っている」

 ただ、働きながらの弁当づくりは時間的に大変だ。仕事が早番の日は午前5時半には自宅を出るため、午前4時半に起きて弁当をつくるという。

 女性は「遅番の日はもう少し時間に余裕があるが、さすがに毎日つくるのはきつい。弁当は給食に比べてお金もかかる」と話した上で、「改めて普段の給食のありがたみが分かった」とため息をついた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ