PR

地方 地方

睡眠薬使いわいせつ疑い 看護師被害、79歳男逮捕

 自宅を訪問した看護師の女性(38)に睡眠薬のようなものを混ぜたスープを飲ませてわいせつな行為をしたとして、兵庫県警東灘署は19日、準強制わいせつの疑いで、神戸市東灘区本庄町、無職、森岡佑次容疑者(79)を逮捕した。同署によると「わいせつ目的で薬を粉状にしてスープに入れた」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は17日午前11時10分~午後1時ごろ、訪問看護の女性に睡眠薬のようなものを入れたスープを飲ませて意識をもうろうとさせ、胸を触るなどのわいせつな行為をしたとしている。女性にけがはなかった。

 同署によると、森岡容疑者が「飲みなさい」と女性にスープを渡した。女性は2時間ほど意識がもうろうとして寝込むなどしたが、目が覚めてわいせつ行為をされたかもしれないと感じ、18日に同署に相談したという。

 森岡容疑者は1人暮らし。女性は点滴を打つために週2回ほど訪問していた。過去にセクハラとみられる言動はなかったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ