PR

地方 地方

イノベーション人材育成目指す 崇城大・熊本西高などが包括的連携協定

イノベーション人材育成に向けた崇城大学と熊本西高の連携協定の調印式
イノベーション人材育成に向けた崇城大学と熊本西高の連携協定の調印式

 崇城大学(熊本市)と熊本西高校(同)、一般社団法人SCBラボ(同)は13日、イノベーション人材の育成を目的に包括的連携協定を締結した。同大学が高校と連携協定を結ぶのは初めてで、高大接続による「新たな価値の創造に主体的に取り組める人材の育成」(中山峰男学長)を目指すという。

 同大学で会見をした情報学部の星合隆成教授は、業務連絡用を主目的に開発したポケットベルが女子高校生のコミュニケーションツールになった事例を挙げたうえで「既存の資源を活用し、新たなつながりによって新しい価値を創出することが、地域におけるイノベーションには大切。その新たな結合を生むための基本的な考え方や手法を学ぶ訓練の場を提供したい」と連携に至った背景を説明。

 来年度にサイエンス情報科を新設する同高の柿下耕一校長は「連携によって、生徒が先端の技術革新の情報、地域課題に触れ、それを踏まえ、新しい価値の創造を考える機会が増えることが期待できる。地域産業の育成に貢献できる人材を育てたい」と話した。

 具体的な教育プランは現在作成中だが、星合教授は「熊本のイノベーションの情報発信基地にしたい」と意気込みを語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ